エッチが好きではない

ソープで働こうとしている人はみんなエッチ好きかというとそうではありません。もちろん好きに越したことがありませんが、重要なのはいろいろな男性とエッチなことをしたり、イチャイチャしたりすることができるかという点です。働くうえで生理的に受け付けないという人が出てくることもあるでしょう。そういった人からキスを求められた場合内心嫌だと思っていても仕事だと割り切ってキスをすることができたり、エッチすることができるのであればソープ嬢として働くことができるでしょう。

好きな人とエッチするのが好きというのはあまり参考にならないのでそういった理由でソープ嬢になるのは危険です。自分の苦手なタイプな人に対しても最低限のサービスを施し少なからず満足させた、次もまた来たいと思わせるようにしなければいけません。

ソープに店舗によってこういうプレイをしようと言った簡単なマニュアルがあるもののある程度プレイはソープ嬢に一任されています。慣れてきたら自分の個性を出して男性客を喜ばせ、リピーターを作れば働きやすくなること間違いなしなので最初はがちがちに緊張していても遊びに来た客と一緒にエッチをしながら楽しめたらおのずと結果がついてくると思いますよ。

ソープ嬢ってどんな人

ソープで働こうとしている女の子がまず疑問に思うのが「ソープ嬢ってどんな人がやっているの?」ということではないでしょうか。これに関して答えるのは簡単なようで実は難しいです。例えばどういう人がナースをしているのと聞かれた際に、患者の手助けをしたいからという漠然とした意志はあってもどういうキャラクターが働いているかというのは答えられませんよね。それと一緒でソープは稼ぎたい人がという面では一緒かもしれませんがキャラクターという面では答えるのが難しいです。

そしてよく間違われるのが、エッチがうまい人がソープ嬢をやっていると思われがちですが、そういうわけでもありません。最低限のマットプレイはみんなソープ嬢になってから徐々にうまくなっていくものだし、男性との体の相性の良し悪しがあることがあってもエッチ上手という線引きはほとんどの確率でないからです。ごくまれにAV女優で腰遣いがうまかったり言葉攻めがうまい子がいますが、ほとんどは大差ないと感じる男性が多いと思います。

一番大切なのは男性を喜ばせるということです。エッチがうまい必要はありませんが、ある程度男性の要望に応えいろいろなプレイができていくと喜ばれることでしょう。

ソープの風俗求人

風俗嬢になりたいと思う女性がまず最初にしなければいけないことは自分がどのような風俗ジャンルで働くかということです。一概にエッチなことをすると言ってもピンサロ、ヘルス、ソープでは大きく異なってきます。風俗求人を見て手っ取り早く採用してくれるところで働こうと思う人もいるかもしれませんが、サービス内容について熟知しておく必要があります。

その中でも一番注意しておいてほしいのがソープで働く場合です。ソープは風俗の中でも最高峰に位置しているジャンルです。ピンサロやヘルスに比べワンランク上の性行為を求められるし、高額の店が多いため遊びに来る男性客もヘルスに比べると軽いノリではないため満足度を求められます。

では風俗経験したことが無い女性がソープ嬢になるのは無理かと言われたらそういうわけではありません。ピンサロやデリヘルに比べたら店舗数が明らかに少なく(ソープがない県すら存在します)狭き門ではありますが、風俗素人を募集している店もあります。やる気さえあればどこかしらで受け入れてもらえることが多いですよ。

また容姿端麗を求める店が多いですが、必ずしもそういった店というわけもなく、ぽっちゃりした子、熟女の方、風俗素人の方を積極的に取り入れているソープ店も多々存在します。もちろん料金がかなり異なってくるためこんなはずじゃなかったということの無いように、最低限いくら稼ぎたいというイメージを持って風俗求人に目を通すようにしてください。